上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和30年頃の金山の写真です

右下にあるのが坑内の入り口で

坑内より採掘された鉱石を

線路を使って上の建物に運ばれて

そこで作業をしていたようです



蝮大哨・胆convert_20100130124409

こちらが今の土肥金山

P1030717_convert_20100130124442.jpg

分かりやすいように同じ角度から写真を撮りました

比べてみてください


舗装されている部分などありますが

坑内の入り口や石塀など

昔のまま残されていますね



もちろん、この他に坑内も

歩道の整備などはしておりますが

採掘跡など、残っている部分はたくさんあります!




このように写真で見ますと

昔の様子がとてもよく分かります

何気なく見ている風景も

ふかーい歴史が刻まれたものだったんですよね!


面白いですね!


もっと写真が見たい!と思っている方は

土肥金山、本館2階で「土肥金山近代史」写真展も好評開催中です!



是非、歴史をその目で感じてください!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toikinzan.blog99.fc2.com/tb.php/61-5793b7c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。