上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土肥への行き方ご存知ですか


土肥へは車はもちろん、電車やバス、船を利用して行くことが出来ます  


まず電車でいらっしゃる場合ですが…

新幹線で三島駅まで来ていただき

その後は、三島駅-修善寺駅間は「伊豆箱根鉄道」(運賃500円)
お問い合わせ(伊豆箱根鉄道 修善寺駅)TEL.0558-72-0667

修善寺駅-土肥間は「西伊豆東海バス」を利用してください

土肥金山のバス停で下車(運賃1,310円)いただければ、そのままご来場できますので
それもまた便利ですね
 お問い合わせ(中伊豆東海バス)TEL.0558-72-1841


また修善寺駅まで踊り子号を利用することも出来ます。
のんびりと景色を見ながらの旅は最高ですよ


train_convert_20101031090909.jpeg

踊り子号についてはこちらをクリック
東海バスについてはこちらをクリック



そして、船ですが…

清水港-土肥港を結ぶ「駿河湾フェリー」(運賃2,200円、自動車航送料金(運転手1名含む)5,000円~)
お問い合わせ(エスパルスドリームフェリー)TEL.054-353-2221

沼津港-土肥港を結ぶ「ホワイトマリン」(運賃2,500円)
お問い合わせ(高速船ホワイトマリン)TEL.0558-94-3323

どちらも土肥港で降りられるというのがとても便利です

のんびりと駿河湾を見ながらの旅も素敵です
伊豆の海を是非、満喫してください


ship_convert_20101031090928.jpeg

駿河湾フェリーについてはこちらをクリック
ホワイトマリンについてはこちらをクリック


そしてそして、最後は車でいらっしゃる場合

沼津インターから約80分ほどで着きます

沼津インターから伊豆縦貫道(又は国道1号線)

国道136号線→伊豆中央道を経て土肥へ

(伊豆中央道料金所 乗用車200円、大仁修善寺道路 乗用車200円)

car_convert_20101031090945.jpeg

のどかな道を自由に旅したいな~
そんなあなたにはレンタカーもご利用になれます


しかも約半額で

お得なレンタカー情報はこちらをクリック

いざ旅行に行くといっても移動手段など考えるのは大変です

このブログで楽しい旅のお手伝いが出来たら幸いです



是非、土肥に遊びに来てください

スポンサーサイト
土肥金山、施設内の木々に紅葉が始まりました

P1040733_convert_20101115093329.jpg
P1040734_convert_20101115093259.jpg
P1040735_convert_20101115093423.jpg

疎らではありますが、秋がグッと深まってきたような気がします


普段、葉が緑色に見えるのはクロロフィルが含まれているからですが

寒くなり日照時間が短くなるとクロロフィルが分解されます。

また、葉柄の付け根に離層という特殊な水分を通しにくい組織ができて

葉で作られた水溶性のブドウ糖や蔗糖などの糖類やアミノ酸類が葉に蓄積し

その糖から光合成を利用して新たな色素が作られたりします。

その過程で葉の色が赤や黄色に変化し、紅葉が起こるそうです。

そしてその後、落葉します。



なるほど…

色素が変化することによって起きるんですね

その色素の変化は、次の季節を迎える準備の為に必要なことであり

それがあるから春にまたきれいな景色を見ることが出来るんですね


樹木は落葉してますが、金山ではきれいな花が咲いています
P1040738_convert_20101115104408.jpg
ハチ君も甘い蜜を吸いに来ていました
P1040742_convert_20101115104656.jpg
ピンク色のお花がかわいいですね
P1040740_convert_20101115104526.jpg
なぜかハイビスカスも…(笑)
P1040737_convert_20101115104625.jpg

土肥金山では、これからお正月にかけてイベントが多数開催されます

これから寒くなりますが、そうした季節の変化を楽しみながら

楽しくHOTに乗り切りたいですね


ご来館をお待ちしております
先日、ご紹介しました施設内のしいたけさん

覚えてますか

P1040721_convert_20101027093309.jpg


そのしいたけが、こんなに成長しました

P1040730_convert_20101113135910.jpg P1040732_convert_20101113135728.jpg

見てください

プリップリ、肉厚で美味しそうでしょう


しいたけはこんな風に育つんですね

通りかかるお客様も珍しがっていました



さてさて…

そんな【お・い・しいたけ】ですが、本館2階「お食事処 葵」で召し上がれるんですよ

「どんこそば」「どんこうどん」です

縺ゥ繧薙%縺昴・_convert_20101016085233 縺ゥ繧薙%縺・←繧点convert_20101016085322

何度がご紹介させていただいておりますが

期間限定なので、この機会に召し上がっていただきたく

もう一度ご紹介させていただきました



秋の行楽シーズン真っ只中、秋の味覚を是非ご堪能下さい

お待ちしております

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。